暗号通貨とブロックチェーン技術の急上昇

ブロックチェーン技術の最もよく知られている(そしておそらくもっとも論争されている)アプリケーションは、暗号通貨です。

November 19, 2020

現時点では、デジタル通貨が未来であることはまだわかりません。ブロックチェーンの急速な成長は、純粋な誇大宣伝ではなく、現実に根付き始めているようです。新しいブロックチェーンアプリケーションは、メディア、ガバナンス、IDセキュリティ等の他の分野に浸透するその能力を拡大しました。

ブロックチェーン技術とは何ですか?

ブロックチェーンは、暗号化されたデータブロックを保存し、それらをリンクして、データの時系列の信頼できる唯一の情報源を形成するデータベースです。有形(家、車両、現金、または土地) または無形(知的財産、著作権、特許、ブランディング) のデジタル資産は分散化されており、リアルタイムで透明性のあるパブリックアクセスを提供します。それに、透過的な変更記録台帳は、資産に対する信頼を構築するドキュメントの整合性も維持します。ブロックチェーンの固有のセキュリティと公開台帳機能により、ブロックチェーンは事実上あらゆるセクターにとって理想的なテクノロジーとなっています。

その優れた特性を備えたブロックチェーンは、リスクを軽減し、詐欺を排除し、幅広いアプリケーションに透明性を提供するため、特に有望で革新的なテクノロジーです。

ブロック、マイナー、ノードというブロックチェーンの3つの重要な概念。

1.ブロック

すべてのチェーンは多くのブロックで構成されており、それぞれが3つの基本要素で構成されています. ブロック内のデータ

「ナンス」は32ビットの整数です。ブロックが作成されると、ナンス が適当に生成され、ブロックヘッダーハッシュが作成されます。 ハッシュはナンスに関連付けられた 256 ビットの数値です。多数のゼロで始まる必要があります(つまり、非常に小さい)。 ノンスは、チェーンの最初のブロックが形成されたときに暗号化ハッシュを作成します。マイニングされない限り、ブロック内のデータは署名されたと見なされ、分離不可能なほどにナンス とハッシュにリンクされます。

2.マイナー

マイナーは既存のチェーンに新しいブロックを追加し、マイニングを通じてこれらの追加が正確であることを確認します。 ブロックチェーンの「マイニング」という用語は、ネットワーク内のノードが新しいトークンを獲得するために実行する計算作業の比喩です。

ブロックチェーン内のすべてのブロックには独自のナンスとハッシュがありますが、チェーン内の前のブロックのハッシュも参照するため、特に大規模なチェーンではブロックをマイニングすることは困難です。 マイナーは、特殊なソフトウェアを利用して、受け入れられたハッシュを生成するナンスを見つけるという非常に難しい数学の問題を解決します。ノンスの長さは僅か32ビットで、ハッシュは256ビットであるため、適切なものを見つける前にマイニングするナンス・ハッシュの組み合わせは約40億あります。これが起こったとき、マイナーは「ゴールデンナンス」を発見したと言われ、彼らのブロックはブロックチェーンに追加されます。  

チェーン内のブロックに追加するには、変更されたブロックだけでなく、後続のすべてのブロックも再マイニングする必要があります。これが、ブロックチェーン技術の操作が非常に難しい理由です。ゴールデンナンスを見つけるにはかなりの時間と計算能力がかかるため、「数学の安全性」と考えてください。ブロックが正常にマイニングされると、その変更はネットワークのすべてのノードによって承認され、マイナーは金銭的に報われます。

3. ノード

ノードは、ブロックチェーンネットワークに不可欠で基本的なコンポーネントであり、すべての暗号通貨取引を記録し、暗号通貨を維持するために使用される分散型デジタル元帳です。これは、ブロックチェーンのコピーを維持し、ネットワークを実行し続けるあらゆるタイプの技術的なデバイスである可能性があります。

ブロックチェーンノードの重要な役割は、ブロックと呼ばれるネットワーク取引の各バッチを検証することです。各ノードは唯一の識別子によって他のノードと区別され、ブロックチェーンの独自のコピーを持っています。また、チェーンを更新、信頼、検証するには、ネットワークが新しくマイニングされたすべてのブロックをアルゴリズムで承認しなければならない。ブロックチェーンは透過的であるため、台帳内のすべての取引を簡単に検証および検査できます。各参加者には、自分の取引を追跡する唯一の英数字の識別番号が 1 つだけ与えられます。

ブロックチェーンインフラストラクチャの重要なコンポーネントとして、ノードは、ネットワークのセキュリティと整合性を維持するのに役立ちます。

暗号通貨:ブロックチェーン技術の急上昇の始まり

ブロックチェーン技術の最もよく知られている(そしておそらくもっとも論争されている)アプリケーションは、暗号通貨です。暗号通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン等のデジタル通貨または仮想通貨(またはトークン)であり、交換媒体となることを目的としています。これは、物理的な具体化がなく、暗号化を介して動作する点を除いて、現実世界の現金と非常によく似ています。

暗号通貨に関する最大の論争点は、規制と匿名性の間です。一方では、いくつかの暗号通貨がテロ事件に関連しているため、多くの政府は暗号通貨の動作方法を制限したいと思うかもしれません。他方、暗号通貨の主な重点は、ユーザーを匿名に保つことです。 現時点では、デジタル通貨が未来であることはまだわかりません。当分の間。

ブロックチェーンの急速な成長は、純粋な誇大宣伝ではなく、現実に根付き始めているようです。新しいブロックチェーンアプリケーションは、メディア、ガバナンス、IDセキュリティ等の他の分野に浸透するその能力を拡大しました。未来派は、2030年までに暗号通貨が国の通貨の25%を占めることを明らかにしています。すなわち、全世界の大部分が取引と商取引の一形態として暗号通貨を信じ始めます。それは商人や顧客にますます受け入れられるでしょう。そして、その不安定な性質により、価格は前年と同様に変動し続けます。

ブロックチェーン:各業界の新しいアプリケーション

ご覧の通り、ブロックチェーン技術には単なる「コイン」や暗号通貨だけだはありません。民主的なプロセスを維持し、より安全な金銭取引を確保し、サプライチェーン管理を改善し、さらには知的財産権や音楽の権利(例えば、NFT等)を監視するためのより良い手段として機能する能力により、ブロックチェーンを理解することはキャリアのゲームチェンジャーになる可能性があります。