2023年にAndroidでEコマースアプリを開発する方法には:ステップバイステップガイドの事例

abc

November 19, 2020

Android上でEコマースアプリを構築することは小売業者が時代を遅れないよう、ビジネスチャンスを逃さないために非常に重要ですあり、現在急速に発展しているEコマース市場で、Eコマースアプリを構築することは非常に必要なことです。多くの企業がAndroid上でEコマースアプリを構築する需要があるが、どのように進めるかが分からないという状況になります。この記事でEコマースの開発に既に取り組んでいる企業が数千の企業に対してモバイルのEコマースを開発し、素晴らしい結果を得るために、Android上でEコマースアプリを簡単かつ迅速に構築するためのステップバイステップガイドを提供します。

EコマースアプリをAndroidよりもiOSに構築する理由

現在、技術の進歩かつオンラインショッピング市場の急速な成長及びこのアプリがユーザーにもたらす便利さによるもので、多くの販売企業がAndroid上でEコマースアプリを構築することが流行になっています。Androidはモバイル市場で広く使用されており、市場シェアは80%以上に達しています。また、iOSよりもAndroidでの開発は簡単であり、多数のフレームワークやライブラリが用意されており、開発コストを最適化する能力も高いです。したがって、モバイルに向けのEコマースアプリを開発する場合はAndroidが理想的で始めるのに最適な選択肢のプラットフォームです。

2023年にAndroidでEコマースアプリを開発するには?

1. Android上のEコマースアプリの計画と要件を立てます。

アプリを開発する前に、計画を立てることは非常に重要なステップです。それはアプリの目的、機能、ユーザー、技術を確定し、市場及び競合企業を評価するのに役立ちます。アプリの計画と要件を立てるには、以下のステップに従うことができます:

  • 市場調査と競合企業分析を行う
  • アプリの目標とターゲットユーザーを決定する
  • 主要機能を定義する
  • 適切なプラットフォームと技術を選択する
  • データベースシステムとセキュリティを設定する
  • テストと展開の計画を立てる

2. ユーザーインターフェースの設計をします。

現在のカスタマー・エクスペリエンスの時代において、Android上のEコマースアプリのユーザーインターフェースの設計は重要で興味深い仕事です。なぜなら、それがアプリを使用するユーザーの体験と満足度に影響を与えるからです。上記のステップで市場と競合企業を調査した後、Android上でEコマースアプリを構築する企業は、以下の手順を参考にすることができます。

  • カスタマーパーソナの調査
  • アプリのレイアウトや表示要素の設計
  • マテリアルデザインのデザイン原則に従う(Googleが開発した包括的なデザインシステム)
  • モバイル上でアプリのアイコン、画像及びエフェクトのデザイン
  • ブランドアイデンティティのデザイン要件に従う

3. 基本的な機能を構築します。

Android上でEコマースアプリを開発する場合、基本的な機能を構築することは最初で最も重要なステップです。以下はモバイルEコマースアプリに必要な基本的な機能です。

  • ログインとアカウント登録の機能
  • 商品検索及び フィルタリング機能
  • ショッピングカート機能
  • オンライン支払い機能
  • 顧客サポートと商品フィードバック機能

4. テストアプリ

これは、すべてのアプリの開発プロセスで非常に基本的でありながら、非常に重要なステップです。基本的に、テストの手順は他のモバイルアプリやウェブアプリのテストの手順と同様です:

  • すべての重要な機能をテストすること、基本的な機能からサブ機能まで
  • 一定の品質基準を確保すること
  • ユーザーターゲット、使用地域、使用中によく発生するエラーに注意を払うこと

5. リリース

Android上でEコマースアプリを構築してテストした後、ユーザーにリリースする必要があります。Google Playなどのアプリマーケットを介してアプリをリリースすることができます。

  • 開発者アカウントを作成してアプリを登録する
  • アプリの概要ページに必要なドキュメントを準備します:アイコン、タイトル、説明、画像やビデオ、価格設定やアクセス権限の設定など
  • アプリのリリースバージョンからAndroidアプリバンドル(Android App Bundle)またはAPK(Android Package Kit)ファイルを作成する
  • Androidに必要なアプリキーでアプリパッケージまたはAPKファイルに電子署名する
  • Google Play Consoleを使用して、アプリパッケージまたはAPKファイルとその他のドキュメントをアプリ概要ページにアップロードする
  • リリース前にアプリをテストし、追跡および最適化ツールを使用する

6. 日本で成功した3つのAndroid Eコマースアプリの例:

  • Rakuten Ichiba -日本のEコマースの先駆者の一つと見なされています。
  • Amazon Japan - 他の国々と同様に、Amazonは日本でも大規模なEコマースプラットフォームです。
  • Zozo - Zozoは数百の有名なファッションブランドを取り扱う日本のオンラインファッション企業です。

上記は具体的な例と単純なステップを使用して2023年にAndroid上でEコマースアプリを開発する方法です。あなたの企業はこれを適用し、美しく、機能的で安全なオンラインショッピングアプリを顧客に提供することができます。もしAndroid上でのEコマースアプリの開発についてコンサルティングや展開のパートナーを探したい場合は、今すぐAHT Japanにお問い合わせください!